エンジンとステアリングの関係って?

日常生活の中で車を運転するという人が多くなっています。

 

この車の運転をする中で、とても重要になる装置がたくさんあります。特に運転席近くには、操作をするということから手元や足元にたくさんの運転装置があるということがわかります。これらを上手に使いこなして快適な運転をすることができれば楽しい物です。そしてこのような装置があるからこそ曲がることができたり止まることができたりするのです。手で操作をする物の中で代表的な物がハンドルとなります。これを動かすことで前輪の動く方向を決めることができるのです。以前はこのハンドルを動かすのに力が必要でしたが、最近では女性でも簡単に操作ができるようにパワーステアリングという装置が付けられています。この装置は車が動いているときには働いています。パワステオイルを循環させることでハンドルを回す力をアシスト咲いていると言うことになります。従ってエンジンが急に止まってしまうとこれもストップしてしまうと言うことになるのです。そしてハンドルは一挙に重たくなってしまいます。その結果大きな事故につながってしまったりするのです。

 

ステアリングと車が動くということはこのような関係になっています。