ボールナット式について


自動車のステアリングの方式の一つにボールナット式と言う方式があります。元々ボールナットと言うのは、歯車の一種であり、回転運動を直線運動に変換する仕組みです。自動車のステアリング方式の場合は、ステアリングを回すことで発生する回転運動を、前輪の運動を操作するための直線運動に変換します。

 
この方式の特徴としては、ステアリング操作が軽くなると言うことと、操作した後の戻りも良く、しかも耐久性が高いと言うことです。また、路面から衝撃を受けても、その衝撃がステアリングホイールまで伝わりにくい、いわゆるバックラッシュが少ないと言うこともメリットとして挙げられます。そのため、初期のパワーステアリング機構や、元々ステアリングが重いトラックやバスなどの大型車で一般的に使用されていました。しかしその反面、仕組みが複雑であり、そのために重量も重くなるので、次第にラックアンドピニオンという、もっと簡単軽量な方式のとって代わられました。

 
けれども、ステアリング操作が軽いことと、バックラッシュが少ないこと、それに滑らかなステアリングフィーリングが楽しめることもあって、現在でも大型車の他に、高級車の一部に使用されています。

コメントは受け付けていません。