エンジンに付いているベルトの種類と役割とは


ボンネットを開けてエンジンを見ると、ベルトが付いているのが見えます。

 

車によって本数は異なるのですが、1本または2本付いている事が多いはずです。またカバーで隠れていて、見えない場合も有ります。当然ながらそれぞれに役割が有り、長さや太さ種類が異なります。ベルトは補器類に回転を伝える役割を果たしています。補機類にはパワーステアリングポンプやエアコンのコンプレッサー、オルタネーターなどが有ります。ですから万が一、切れてしまうような事が有ったらステアリングが急に重くなったり、エアコンが効かなくなるといったトラブルが発生します。また発電も出来なくなってしまいますので、バッテリーが充電されずいずれエンストしてしまうでしょう。そんな事が無いように、いつも点検をしておくことが大切です。目で見てひび割れが有ったり、すり減っている場合は交換するようしましょう。またキューといった、耳障りな異音を発生することも有ります。これは古くなったり伸びる事によって、滑りが発生している状態です。こうなった場合は交換するか、適切な張りになるように調整する必要があります。

 

すぐにディーラーなどに自動車を持って行って、見てもらうようにしましょう。

コメントは受け付けていません。