ラック&ピニオン式とは


ラック&ピニオン式とは、ステアリング機構に使われるしステムのことで、この方式では、ステアリングシャフトの先端にピニオンギアが配置され、それを社ルトに刻まれたラック、つまり歯とかみ合わせることで、ピニオンギアの動きを横方向に変換させているのです。

 

構造自体はきわめて簡単であるため軽量なシステムを作り出すことが可能なのが大きなメリットといえます。またステアリング操作をした時にも剛性が高く、応答性にも優れているのが大きな特徴で、スポーツモデルのクルマでも多くの車種がこの形式を採用しています。シャープな操舵感を味わうことができるのは、kのシステムであり、従来のボールナット式と呼ばれるシステムに比べるとより幅広い車種で使われるようになってきているのです。このシステムは、いわゆるEPS電動パワーステアリングとの相性もよく、アシストモーターを仕組みのなかに取り込むことで簡単にパワーステアリングの仕組みを導入することが可能となります。

 

 

すでに油圧による従来のパワーステアリングからこちらのほうに大きくシフトするようになってきており、さらに普及度の高いハンドルのシステムになってきているということができるのです。

コメントは受け付けていません。