ステアリングの仕組みについて


ステアリングと言うのは、子供でもハンドルと言う名前で知っている、自動車の操舵装置の名前です。これを左右に回すことによって、自動車の走行する方向をコントロールすることができるのは、誰でも承知の通りです。しかし、それがどのような仕組みで成り立っているのかと言うと、あまり知られてはいません。
その構造は、大別すると2種類あります。一つはラック&ピニオン方式と呼ばれる構造です。この構造は、ハンドルの中心から伸びてきたシャフトの先端にピニオンギアが取り付けてあり、それを、前輪の操舵機構に刻まれたラックと呼ばれる歯と噛み合せることで、回転運動を横方向の動きに変換する構造になっています。この方式は、構造が簡単で、軽くできることと、操作応答性が良いので、スポーツカーなどに採用されています。
もう一つは、ボールナット式と呼ばれる構造です。これは、構造が複雑になるデメリットがあるものの、スムーズに動作し、大きな操舵力を必要とするトラックなどでも、比較的楽な力で操作することができると言うメリットがあるので、大型車に主に使用されています。
なお、最近の自動車は、殆ど全ての車で、ハンドル操作をアシストするパワーアシストシステムが搭載されています。この方式には油圧方式や電動方式があります。

コメントは受け付けていません。