ガソリンエンジンとディーゼルエンジンの違いについて


ガソリンエンジンとディーゼルエンジンを比較してみますと、基本的な構造はほとんど同じで大きな差はありません。

 
しかし、補機部分はかなり違ってきます。それは燃料の違いからおきます。簡単に述べますと、ガソリンは火で燃えやすく、ディーゼルエンジンの燃料である軽油は高温で自然発火します。軽油は火を近付けてもガソリンのように引火しません。この特徴を生かしてエンジンは作られています。

 
ガソリンを燃料にするエンジンには、シリンダー内でガソリンに引火させる点火装置が付いています。一つの火種を使ってシリンダー内で燃焼させなければならないため、適切なエンジンの大きさがあります。特徴としては、エンジンの重量当りの出力が大きくなります。

 
一方、軽油を燃料に使用するエンジンには点火装置はありません。そのかわり、高温で軽油を自然発火させるために、シリンダー内の圧縮比を高く設定しています。シリンダー内で軽油を自然発火させるので、エンジンを大きく作りやすくなります。このために大きな排気量が必要になる船舶や大型トラックなどに適しています。逆にエンジンが重くなってしまいますので、航空機には使用されにくくなります。また、ガソリンを使用したエンジンのように順序良く燃焼を起こさないので、独特なエンジン音が発生します。

コメントは受け付けていません。