内径×行程って何を表している?


「内径(ボア)×行程(ストローク)」によって、エンジンの特性がわかります。ボアとは、ピストンが往復運動をするシリンダー内側の直径を示した数字で、ストロークとは、ピストンが往復運動をする距離を示しています。ちなみに、シリンダーとは、ピストンが往復することで内部の容積が変化する容器のことです。ボアの数字よりもストロークの数字の方が大きいタイプのエンジンを「ロングストローグ型エンジン」といいます。逆の場合(ボアの数字の方が大きい場合)を「ショートストローク型エンジン」といいます。ロングストローク型は、一般にトルクを出しやすいとされており、実用エンジンに多く採用されていて、ショートストロング型は、ストロークが短いほど回転数を高めやすくなるので、高回転型のスポーティーなエンジンに多く採用されています。

 

 
ただ、ボアの数字が大きくなるということは、エンジンの全長が長くなるということを意味しています。故に、エンジンンのコンパクト化を考えた場合には、ショートストロング型エンジンが、必ずしも良いとはいえません。ボアとストロークの数字がまったく同じものは、スクエア型と呼ばれ、出力とトルクのバランスが良いエンジンとされています。

コメントは受け付けていません。